2009年8月27日木曜日

国民審査

このエントリーをはてなブックマークに追加
判断する材料がないよな、と考えていたので、探してみた。読売新聞の朝刊に掲載されていた国民審査の対象となる最高裁裁判官一覧のような記事は読んだが、まったく判断材料にならないと思った。

少なくとも、司法試験を経ていない最高裁裁判官が存在することは載せる必要があるだろう。
(上記の毎日新聞の記事にもそんなことは書いてないけど)

他にも判断材料になるものがあるかもしれない。
以前から、国民審査ってどうしたもんかと悩んできたけど、ようやく全部「×」作戦から脱却する時が来た。

ただ問題もあって、例えば、上記4番目のリンクで挙げられている「×」推奨裁判官「竹崎博允、那須弘平、近藤崇晴、竹内行夫」の名前が覚えられそうにないこと。
もし、この「×」推奨に賛同した場合は、多分手に書いていくことになると思う。

注意すべきは、信任する裁判官には何も記入しないこと、罷免する裁判官には「×」を記入すること。

1 件のコメント:

sta.blockhead さんのコメント...

判断材料のリストに
Nothing Ventured, Nothing Gained.:最高裁判所裁判官の国民審査について
を追加しました。

コメントを投稿